スマホの多機能化、脳の無能化。

 スマホを集中攻撃するわけではないが、私自身、その必要性が未だに・・・。結局、カーナビもタブレットも「買い」への決断ができない。これではダメなんでしょうが、これは慎重過ぎてというよりも、頭で必要性は理解していても、最後の最後で心が拒絶している。これが不思議な感覚です。別に道具なんだから勝手使えば自然とのびしろも実感できるぐらいに考えればいいのだが、どうも天の邪鬼な心がビンビンに反応して、「私には必要ない信号」を出し続ける。結局、ノートブックパソコンにしても、外出した時でもこんなに便利でワイファイでどこでもネットが観れますよ的なテイを拒絶している。

 反面、心のどこかで「スマホの多機能化」と「人間の脳の無能化」みたいな捻じれた考えが蔓延し始める始末。こんな人間、実は一番メンドクサイのだと頭で理解していても、心が素直になれない。結局便利便利とジョブスのスタイリッシュスタイルを鵜呑みにして、カッコイイって使っているが、実は脳を休ませたいだけ。適度なテンションをキープさせるためにも、便利と思っていることが実は便利ではなく、「みんなと同じことをしているだけ」を便利と勘違いしないようにと心が危険信号を発信しているのかもしれないぞ、とまた、天の邪鬼が語り始める。

 で、そのアプリってホントに必要か?ってうそぶいているわけ。車のETCサービスだってエトセトラレベルです。これって、原始人レベルのかな・・・。