決意のドア。

 新宿のデザインプロダクションさんでの初日の朝、そのオフィスのドアを開ける時、確か、深呼吸をした記憶がある。やっとここに来れたというドキドキと、ここで頑張るぞ!というワクワクで興奮し緊張していた。それがこのデザインの世界に入らせていただいた最初のドアだったからである。奇しくもその会社様の名称が「DOORS」。しかし、世の中には「自分に合った仕事を見つけられない・・・」と一生つぶやき続ける人がいる。「天職が何か分からない」とか言う前に、ガチでそれを探究したのか?ターゲットを絞り込んで考えて努力したのか?という話。何を仕事にするのかは、労働時間や休日の待遇や福利厚生や仕事の内容や給与の額面ではないはず。やりたい仕事がなかったから家業を継いだは最悪。お前は親父のために生きているのか?という論理。ほんとに家業が好きな仕事にならなかった理由があったはず。それを見切り安定を望んだのだから、その場所でベストを尽くすがお前の正解。まぁ、そんな連中は論外としても、最初に決意して入ったその場所こそが自分の場所なのである。

 で、会社の契約条件に文句を言う人は必然的に自分の仕事場に辿りついていない人。自分の仕事部屋に入っていないのだから、そりゃ、出口は見つからなくて当然当然。どこかにあったはずの「決意のドア」の前になんらかの理由で立たなかったのか立てなかったのか?なのである。自分の仕事に出会うには熱意だけは難しいし、幸運も味方につけなければいけないだろうが、それでも、運も実力の内。結局、時給額や休みの時間で仕事を選択し余った時間で国の経済振興を支えているという立ち位置になるというわけ。でも、それはそれで生産性を担っているのだから素晴らしい存在。

 しかし、自分自身もデザインの仕事が恐らく合っているだろうと考えているし、この仕事をやりたかったという強い意識はあったように記憶しているが、アートやデザインの仕事は底抜けに楽しいが芸術系の仕事をしたいという記憶の派生の前にいろいろな願望があった。科学に興味があったし、スポーツにも興味があった。それに、文学や製造業にも興味があったような記憶がおぼろげにある。しかし、上記の理由で、諦めたような感じだったし、その試行錯誤の結果、アートやデザインに辿り着いた。結果、この広告という仕事は、科学もスポーツも文学も製造もその他のいろいろな分野のお客様の仕事をすることになる。これも、不思議な巡り合わせなのかもしれない。

 という意味で、やはり、あの新宿のドアが私の「決意のドア」なのですね。