長浜駅はどこへ行く!?

nagahama_station120522.jpg
 数年前に古風な外観でリニューアルした長浜駅。そして、この増築というかテナント構想。どんな外観になってどんな設備になるかは不明ですが、リニューアルされて意外にいい感じだっただけに、また異なるコンセプトの建造物が出来ることで変な感じにならねばいいが・・・。東京も京都も大阪も、日本の駅って風情がない・・・というか奇をてらい過ぎ。その時その時の有名・著名な建築家を採用するのはいいことだが、統一感がない。歴史や文化を連呼していながら、やっていることは支離滅裂に近い。それがいいか悪いかは誰にもわからないが。エゴを出し過ぎ。迷いながら建てているから建造物に時間が刻まれない。だから、同様に街に時間が刻まれない。ただただ老朽化を待つだけのハリボテになる。日本の建築技術は凄いと聞いているが、それが、現代に生かし切れていないのだろう。恐らく、本来の建造物としての真価とは別のベクトルで建てられてる可能性が高い。それが、街の日本の景観・風景を混沌とさせているとかいないとか。長浜駅はどこへ向かっているのか?そして、長浜市はどこへ向かっているのか?きっと、たぶん、手の鳴る方へだろう。