こんな商品があったとは!

10002481-1d.jpg
 私はスピニングの釣りがほとんどで、細いラインでしっかりバイトをとりたいと考えている。これは長年バスフィッシングを楽しむ上で、魚の顔を見るということが目的だからである。ルアーフィッシングはいろいろな楽しみ方があり、ルアーもハードからソフトと無限にある。それは、アングラーのあくなき探究心と研究心がもたらした結果だろう。それほどつまりバスフィッシングはオモロイということ。しかし、一時、私もそのルートでいろいろなルアーを収集・コレクションすることが楽しい時期もあったが、どうも、「バス君の顔を見る」ことと自分の中で同期していないような気になった。釣り場でバスの顔を一匹でも多く見たいなら、戦略・アプローチは自分自身にマッチした独自の方法が正解ではないかと。結果、スピニングのスプリットショットというリグでバスを狙うことに落ち着いた。この釣り方については長年こだわってきたことがたくさんあるので、また、どこかのブログで詳細は記載するとして、この釣りは早くも遅くも自由自在であり、いわゆるタテの釣りからヨコの釣り、シャローからディープまでさほどリグの構造を変容させずともフックとシンカーの入れ替えで簡単にアプローチできる。何より、ルアーのアクションイメージが自分にマッチしているからこのスプリットショットがテッパンなのである。

 で、慎重にフッキングするものだから、ルアー(ワーム)を飲み込まれることが多い。長いプライヤーをもっているので、喉の奥までプライヤーを突っ込んでフックを外すがなかなか難しい。いつもいつも何かいいギアがないかと気になっていた。そこで、いろいろバスフィッシングへのリサーチをしている中で、こんな商品を発見。これは!これだ!みたいな。

 早速、スミスさんへあるルートから連絡を入れて頂き、確認中。あまり飲み込まれるのはよくない傾向だが、しっかり、喉のフックを外して、リリースしたいのでこの商品は非常にgoodですね。

 リリース禁止のふざけたルール。外来魚駆除釣り大会などと、「江戸時代かぁ!」みたいなことになっている湖もあるようですが、よくもまぁそんな大前提を行動の指針にできるなぁと呆れるばかり。そもそも「外来魚」という定義になぜそれほど敏感に反応するのか?自然は自然でしっかりとルールを作っている。人だけがそのルールを破って我が我がと仕切りたいのだろう。それが後ろめたいのか、心のよりどころを見つけたいのか、法律で自分達を束縛して摩訶不思議なプレイに興じている。と、この件は長くなるのでこれぐらいにするとして、私はブラックバスを釣ったら、絶対に、健康に水の中に返したいので、このブラックバスを愛する人が企業が考えたツールを使ってみたいと考えている。

 漁港や湖岸に置かれた駆除ボックスに異臭を放ち朽ちていくブラックバスの臭いを鼻にするたびに、予備知識のない子どもたちに外来魚を駆除するという崇高な行為を教授しているという「外来魚駆除釣り大会」企画・運営者の皆様に心の底から乾杯である。cheers!