ガラケーvsスマホの時代。

 「ガラケー」とは、「ガラケーとは、ガラパゴス・ケータイの略。ガラパゴス・ケータイとは、世界標準とは異なる進化をした日本の携帯電話のこと。孤立し、独自の進化を遂げることをガラパゴス化といい、独自の生態系を持つガラパゴス諸島に由来する。日本の携帯電話は、着メロ・着うたなどのコンテンツサービスや、カメラ、電子マネーなどの機能が次々追加された。日本では多機能な携帯電話の人気が高い。一方、過去にノキアなどの海外製の携帯電話も発売されていたが、多機能ではなく日本では人気がなかった。しかし、iPhoneやAndroid端末などタッチパネルを搭載したスマートフォンが発売されてから、海外製の端末が注目されている。なかには、従来の日本の携帯電話を「時代遅れ」と感じる人がいる。そのような一部の人が、日本の携帯電話を揶揄し「ガラケー」と呼ぶことがある。」とのことらしいが、なんかこのニュアンスはとてもワクワクする。スマホ全盛時代にガラケーっていう存在がなかなかのモノである。

 私は直感ですが、スマホがツールとして嫌いである。道具には道具の使い代があり、道具たる機能以上に余計なおまけを排除するから道具なのである。いやいや、道具か道具でないかみたいな古い考え方の人はガラケーで充分でしょう!と言われるならその通り。パソコンのアプリと同じ。スマホの多機能などただのおまけのおまけ。「おまけ=便利」とメディアコントロールされている人が必要もないのに、タッチタッチしている絵がなんとも不自然。恐らく「便利」の意味を間違えている。しかし、価値感とは真価を追求することでも真理を追究するモノもでないし、8:2でスマホが優勢ならそれでいい。それで経済が活性化の瞬間風速が上がるならそれでいいじゃん。もしかしたら、竜巻かもしれないが・・・。

 で、スマホはガラパゴス諸島のサボテンか?海中のコケか?みたいなことになるかな。日本がガラパゴス化しているとかしていないなどと諸説あるが、なになに、実はこの地球がガラパゴスなんですよね、実は。その意識を分散したいから、イグアナが海で泳いでる映像を流して、これぞ進化!みたいな啓蒙をしたいだけ。人間にもサボテンを登るための「カギ爪」や水中を泳ぐための「ひれ」や「水かき」がそろそろ必要なんでしょうね・・・。

 そのうち、アプリでモノホンのGUNが付かないことだけを祈りたい。

 ガラケー、非常にビックウエルカムじゃないでしょうか!