重力とは?

 「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」という大栗博司著の書籍がある。カリフォルニア工科大学 カブリ冠教授 東京大学カブリIPMU主任研究員という肩書きが何を意味するところかは不明ですが、ことさら「重力」についてはとても興味があるため、この広告に喰いついてみた。「宇宙」を支配する力の正体とは?とか、この世界の根本原理とは?という部分にはあまり興味はないが、重力についてはとても興味がある。

 宇宙の理解に最も大切な力・重力。「弱い」「消せる」など不思議な性質があり、その働きはまだ完全にわかっていない。重力理論に革命を起こしたアインシュタインの相対論から、ホーキングの功績、宇宙は10次元だと考える超弦理論まで、壮大な世界を数式なしで一気に解説。「やさしくても本格的」な画期的な入門書と、広告文はこの書籍を紹介している。

 地球の歴史と人類の歴史。そこには永遠に答の見つからない「何故?」が存在している。人間が絶滅するまでにこの無数に存在する「何故?」に対する答がいくつ知覚できることだろう。カリフォルニア工科大学がなんぼのものかは知らないし、このタイミングで「重力」について語ろうとした著者の意図、それを影で支えている編集者と出版社の戦略は何?知への探究心だけなら、ただ単に機が熟しただけなのか。このテーマでこれまでに書かれた来た著書や研究書もあるだろうに、何故、新聞を介してこの書籍を存在を知ることになったかという捉え方。これは何のサインなのか?それが頭をもたげた以上、その答は書籍を手元に置くことでしか解決の第一歩はない。しかし、このサインをこのままスルーさせることもできるし、忘れることもできるはず。しかし、何故か「重力」が気になっていたと言う部分と呼応するようなこの書籍の存在という情報。

 「最近、物忘れが激しくって!」という人は忘れているのではなく、ただ「覚えていないだけ。」という著者の書籍を読んだが、覚えていないことを忘れたと認識するのは何故?無意識と意識の谷で一体何が起こっているのか?う~ん、考えれば考えるほど、気になる一冊。

 このアプローチはネット内や電子データで読みたいくない分野のコンテンツですね。