アフィリエイトに挫折!?

◎アフィリエイトブログの量産にはもう疲れきった・・・
◎SEOだPPCだのイタチごっこはもうウンザリ・・・
◎毎日記事ばかり書いてるくらいならバイトのほうがマシ・・・
◎ライティングだ成約率だ記事のネタだと、もう嫌だ・・・
◎アクセスが勝手に来るようにならないものか・・・
◎家族や友達に胸を張って話せるネットビジネスって無いのかな・・・
という問題提起から、

「私はこうして成功しました。」というメンドクサイメルマガが到着した。

 なるほどなるほど、世相を反映している現在の実情のある側面が閉じ込められたメルマガの文脈である。言っておくが、最初から「疲れる」ようなことを仕事として選択したのはあなた自身じゃん!それに、自分自身の中核競争能力を棚に上げ、SEOにフォーカスしたのもあなた自身(まぁ、仮想のライティングだから、正確にはあなたでもないのですが・・・。)、毎日記事ばかり書いているぐらいならバイトの方がましとなると、これは本末転倒の愚痴そのもの。最後に家族や友人に胸を張って話せるビジネスじゃなかったんだ!?とこの羅列、弱音モードもはなはだしい。その上、今度は次のフワフワしたネットビジネスで成功したって続く。また、しばらくして時代が変われば上記のループ。確かに時代の流れは早い早いと言われているが、実は時間の流れはずっとずっと同じ。捻じ曲げたければ時空を超えてアインシュタインに聞けばいい。「何事も早いテイで・・・」というゴシップに軸足を変えただけのことでしょう。人間の思考や動作のスピードはどんなプラットフォームを手に入れようが、高速高級多機能アプリを手元に五万と持っていようが同じ。逆に意識下にある思考(シナプスの結合)の時間を抜本的に変化させたいと願うなら、恐らく恐らく、唯一の方法はそれ相当の薬品が必要でしょうね。

 便利になった時代だと勘違いして、結局原発を再稼働させている人間の最後の最後の蜘蛛の糸は、今も昔も同じ細さ。

 悪意のないメルマガだからこれぐらいにしておきますが、簡単に「挫折」とか「成功」とか言葉する人間は信用できないですね。それってすべて先入観ですからね。たぶん、「挫折ありき」でも、「成功ありき」でもないですよね。

 で、「全てのお悩みを解決する方法があります!」とURLが貼ってあるが、誰がクリックするか!お前のこのメルマガが一番の悩みじゃ!なんでやねん!と。