スマホ依存って!?

 携帯電話から乗り換え組の急増で、スマホにハマる人たちが増えている。いつでもどこでも暇さえあればスマホの操作、いや暇がなくても操作したいといった中毒気味の人も少なくない。便利な道具に魅入られた行く末は・・・って、結果、暇なんだからいいじゃん!

 携帯電話でもインターネットはつながるし、写真は撮れる、音楽も聴けた。だがスマホの便利さはそれをはるかに超えると・・・、完全にこのライターも「便利」という言葉のチョイスを間違っている。というほど麻痺しているんだから仕方ないが。「フェイスブックが利用しやすいので、コメントのやり取りが増え、無駄な時間を費やしたと反省してしまう。無料通話ができるアプリで無駄話が増えた。」という主婦の人。まぁまぁ、主婦だからいいじゃん!それで、「スマホで最も大きな問題は時間の浪費」と指摘するのは、メンタルヘルス支援ピースマインド・イーブ国際EAP研究センター副センター長さんのコメント。それで睡眠時間が減少し仕事などの支障を来すと・・・。だから???この副センター長さんも睡眠時間が減少し仕事に支障を着たさないアプリを開発したらいいじゃん!

 ある主婦は「夫がフェイスブックのとりこ。家族で出かけても読み手に「いいね!」ボタンを押してもらえそうな材料を探して撮影、ネット掲載と、全く落ち着きがない。小学生の娘に「パパと出かけてもつまんない」と言われる羽目に。」と愚痴っているが、そもそもつまんない人間だからフェイスブックにはまるんですからこれも仕方なし。

 なぜ、SNSにそれほど夢中になれるのか?理由は明確。暇を誤認できるから。ただ、スマホやSNSを創って財を成した人達をこの誤認している人達は根底から支えているわけだから、これも経済の仕組みの一旦を担っているのだから、いいじゃん。そういう世の中なんだから、つまらないパパでも温かく見守ってあげてくださいね・・・という感じ。

 で、私は無駄な時間も暇もなく、誰かの記事も特に「いいね!」に値するとは思わないし、誰かの「いいね!」が欲しいからネットにダイブしているわけではないので、完全にスルーさせてもらっています。まぁ、何においても平和な証拠。アキリもたぶんどこかで失笑しているでしょうね。これもカオスなのかなとか、これも動的平衡なのかなとか、これも必然必然、そりゃシロもつぶやくはず・・・安心安心。