ノマド・ワーキング。

 「東日本大震災以降、在宅勤務やオフィス以外の場所で働くことを認める/今後認める予定の企業が増えている。「ノマド・ワーキング」という言葉も広く認知されているようだ。しかし、在宅/ノマド・ワーキングを実践するには、それなりの環境が必要である。本企画では、「大規模な初期投資を行わなくても安全で快適な在宅/ノマド・ワーキング環境」構築のハウツーを紹介する。会社も社員もハッピーになる環境を、ぜひ手に入れてほしい。」という形態もあるらしい。つまり、ブレインワークやクリエティブな仕事はこれでPCやネットを活用してできるだろう。しかし、これにはやはり必要不可欠なスキルと経験値とコミュニケーション能力が必要になってくるだろう。海外との仕事を視野に入れるなら、言語能力や他の慣習・文化をリサーチしておく必要がある。市場がノマド化しているというこはいいことだが、草原でのサバイバル、やはり、相当のポテンシャルと覚悟が必要だということ。しかし、仕事とはそもそもそんなテイなのかもしれないし、組織化や大企業化したことで、スルーしていた大切なことへ回帰しながら、進化を求められているのだろう。仕入れて売るみたいなことの仕組みの限界点を破る挑戦をできるか否か。