ミレニアム第3部作!

 「さて、この映画の原作となるのが、スティーグ・ラーソン著『ミレニアム』三部作。なので映画も三部作全てを映画化する予定らしいです。しかもその三部作全てで主役のミカエル・ブルムクヴィストをダニエル・クレイグが演じる契約が既に結ばれているのだとか。という事は現段階ではルーニー・マーラやデヴィッド・フィンチャー監督の続投は正式には決まっていないのかな。まあ、連続モノでも監督を交代しながら作るのは、よくある事。でもリスベット・サランデル役でアカデミーにまでノミネートされたルーニー・マーラも、こうなっては絶対に外せないキャストになりますよね。よほどギャラが高額に跳ね上がらない限りは、制作サイドは続投を願うはず。しかしどうだろう、ルーニー・マーラはデヴィッド・フィンチャー監督が抜擢した感もあるし(彼が監督した映画『ソーシャルネットワーク』に出演していた)、監督が代わると離れてしまう危険性もあるかな。いや、きっと大丈夫でしょう、彼女はきっとこの役を手放さない筈。」という嬉しいブログ記事を発見。その真実はどう転ぶかは未知数としてもこれは嬉しいぞ。

 絶対に、この3人で第3部まで走ってほしいものです。