バイきんぐさんオメデトウ!

baiking_gazo001.jpg

 いやいや、バイきんぐさんおめでとうございます!って感じ。苦節の末のチャンプ。昨日の涙はとても印象的でした。

 さて、決勝8組のコントネタをあれから何回も頭の中で検証している。何故ダメだったのか、何故、バイきんぐさんがハジけたのか?そこには時代性もあるしシナリオの秀逸さもある。そして何よりもこのご両名の渾身さのベクトルが「笑いの神様」を引き寄せたんだとざっくりですが、分析しています。しかし、何回その展開を想い出して頭の中で反芻してもこの2本のネタはハジケている。さすがチャンピンオンである。昨晩の結果が、バイきんぐさんの芸人生活を900度ぐらい変えるだろう。

 それにプロットがいい。「バイきんぐ」さんならではの朝までの「害虫駆除のアルバイト」か。苦節が結果を導いた瞬間、そのポテンシャルとモチベーションがあの高得点に置き換わったのかと・・・。