WORK SHIFT

book_workshift.jpg
 寸評にはこう書いてある。「下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する* 2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

 働き方が変わる!〈5つのトレンド〉 ◎テクノロジーの発展 ◎グローバル化 ◎人口構成の変化と長寿化 ◎個人、家族、社会の変化 ◎エネルギーと環境問題

 働き方を変える! 〈3つのシフト〉 ◎ゼネラリスト→連続スペシャリスト ◎孤独な競争→みんなでイノベーション ◎金儲けと消費→価値ある経験

 食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。覚悟を持って選べば、未来は変えられる。 」という書籍が満を持して登場した感じ。

 さらに、別のサイトの紹介文を読むと、「<第1のシフト>は、1つの企業内でしか通用しない知識ではなく、高度な専門技能を磨き、ほかの多くの人たちから自分を差別化すること。<第2のシフト>は、自分で意識して人的ネットワークを作り上げること。難しい課題に一緒に取り組む盟友や、イノベーションの源泉となるバラエティに富んだ大人数のネットワーク、そして日々の生活をともにし、ストレスを和らげる「自己再生コミュニティ」を積極的に作ること。<第3のシフト>は、大量消費主義を脱却し、モノより経験に価値を据えて価値観の転換をはかること。このシフトがうまくいけば、人は自らが主体的に選んだキャリアで、100歳近くまで充実した人生を送れます。でも、うまくいかなければ、孤独に追い込まれたり、新たな貧困層として世界から取り残されてしまいます。」よと・・・。

 どうやらキーワードは「差別化」と「人的ネットワーク」と「価値感の転換」なのである。

 うんうん、この本はかなりビンゴですね。つまり、動かず、創らず、考えていない人は失速するということ。さらに、動いているだけ、創っているだけ、考えているだけでも失速するから危機感は相当です。しかし、ワークシフトと言わず「パラいダムシフト」して、変容を受け入れる覚悟のある人、というよりも、自然にエンジョイしながら、ある側面でシリアスにある別の側面ではオプティミズムにバランスよく取り組める頭と身体があればあとはいい意味で「たまたま」がなんとかしてくれるということかな。

 まだ、書籍を入手していないので、なんとも言えないが、今、受験勉強をしている人、今、どこかの企業の内定取得の手に汗をかいている人、一旦、社会に出たがイマイチしっくりきていない人、長年務めた会社のほころびばかり見えているが身動きできない人、もうすぐ定年だけど自分が何者か不明な人、あらゆる人に均等に「ワークシフト」の津波は押し寄せてくるだろうと言いたいのかな?まぁ、いい。シフトチェンジを意識するほど安定した仕事はしていないし、シフトありきの仕事だからどうにでもできるだろう・・・という人間に対してはこの書籍、さてさて、「あり」か「なし」か。「なし」でもいいから「買い」だろう・・・。「シフト」って、そんなに力む必要もない。そもそも全てがシフトしながらフォルムを維持しているのだから。それがDANであれ、黄金比率であれ、法典であれ、必然も偶然も受け入れよう的なオチならこの書籍はかなりイケてるだろう。

 さてと、いつどのタイミングで購入するかが実は一番楽しみです。