マスタースイッチ。

 「インターネットを支配しようとしいるのは誰か?ネットの自由を守ろうという議論が米国で話題となった。いわゆる「ネットワークの中立性」の問題だ。本書はそのきっかけをつくった米コロンビア大教授が書いた米情報通信企業の栄枯盛衰物語である。米国は情報通信分野における「正しい独裁者(マスタースイッチ)」の姿を模索してきた。電信時代のウエスタンユニオン、電話時代のAT&A、映画時代のハリウッド、パソコン時代のマイクロソフト、ネット時代のアップルやグーグルなどだ。情報通信産業が他産業と異なるのは「ネットワーク外部性」が働く点だ。すなわち利用者が多いほど価値が高まり、独占状態を生みやすい。そうした独占企業が自分の地位を守ろうと新技術や新興勢力を退ける傾向があるという。これに対し著者が提案するのが「分離の法則」と呼ぶある種の規制だ。本来であればイノベーションが独占状態を崩すはずだが、現実はなかなかそうはならない。だとすれば、新陳代謝を促すためのルールづくりが必要だと説く。台湾生まれの日本人を父に持つ著者は日本にも関心が強く、イノベーションが起きにくいのは独占を容認する風土があるからだと指摘する。日本復活のヒントを探るには、米国企業の栄枯盛衰を学ぶことも重要というわけである。飛鳥新社より2,500円」という書籍があるらしい。なかなか逞しい著者である。そこは確かにデリケートでありストロングな部分ですから、ここでも放つ人と受ける人の構図上、「風土」や「慣習」が深く関係しているし、「学ぶ」ことが「受け身」なのか「能動」なのかという国民性でインターネットの自由性はどちらにでも転ぶはず。

 また、栄枯盛衰の物語タッチで言うならば、混沌とし過ぎて現在はフレームが崩れはじめているような印象があり、その歪みや捻じれや解れている部分に上手くインターネットのピースがはまったと捉えがちだが、実は、そのスイッチは誰かが持っているということ。そのスイッチをたぶん恐らく日本人やアジアの人が持つことはないような気がする。これも、「風土と慣習の歴史」で答は導けるだろう。

 とにかく、人間はモノリスが好きだ。やもするとキリストよりも信じている人が多いはず。それを現在のマスタースイッチの保有者は熟知してモノリスのコピーを分け与え給わっているのだろう。石の矢で立ち向かうのか業火で立ち向かうのか勇気と知恵で立ち向かうのか時代時代の栄枯盛衰物語の主人公は勝負の時を待っている・・・みたいなことなのかな。恐らくラーソンはリスベットでそれを描きたかったのかもしれない。