内向性と外交性。


 確かに「外交的な能力向けの社会」はそこかしこに用意されているが、一転して「内向的」な人間をどこか下に見るフィーリングはある。それを隠して外交的にふるまうことが善作のような風潮はおかしい。おかしいと捉えるよりも、相互のバランスと相関性が必要だとのこと。本当にその通り。