この絵必要ですよね。

game_show_img001.jpg
 何かショーと言えば・・・みたいな定番の絵ですが、これってやはり強いな。大きなイベント空間に装ったキレイドコロが整列すると、うん、なんかその気になるのは何故だろう?この組み合わせを最初に考えた人はほんとエライ。車でもバイクでもボートでもウエアは勿論のこと、想定外の商品の展示会でも彼女達の存在感は圧倒的です。このニーズって盛れば盛るほど摩訶不思議感が出るから凄い。あまりイベント会場ってゴミゴミとした情報が多くって精査されているようで意外とパイロットパターンが多い。コミュニケーションをしてみようかとチャンネルを切り替えても思いの他、時間の無駄が多く、現場にいる人達のポテンシャルは低い。わざとが技なのか!?と思えるぐらいに低い。恐らく、イベント担当として前日ぐらいに配置された人が多いんじゃないかな。まして、この女子に何を聞いても徒労に終わること間違いないとなるから、結局、「体感しろ!」という結論が多い。ま、こちらの見る力も試されている空間なだろうけれど、わざわざ、ディテールが欲しくって出向くがさほど・・・という結果が多いから、ほんとにいい情報に出会えるタイミングって演出とは別のベクトルなんだろう。ただただ、メンタル的に目の保養にはなるが、そこから先が見事に断崖マジック。でもでも、少なくとも何かを感じる必要がある場合は、このようなイベント会場で臭いというか感覚的に体感することも大切ですね。何事も頭で考え過ぎはNG。