るろうに剣心。

rurounin_kenshin001.jpg
 さらに、これも結構原作は古いらしいが人気がありリメイクを重ねているらしい。最近は実写の映画にもなっているってことは・・・恐らく、原作はいいのだろう。こちらも20巻前後が発行されているらしい。うんうん、チェックチェック。

 何歳になってもいろいろな漫画やアニメに対して純粋に心が震える人間でありたいですね。結果、電子ブック形態の漫画もしかたないが、ページをめくる紙の質感情報は漫画文化の根底をささえているディテールだから、ここのリアリティーを大切にしたいし、仮のコレクターのベクトルが漫画コミックスを収集する行為に関係性が深いとしても、いつでも、どこでも、ページをめくれば物語の世界が、絵と言葉で飛び込んでくる「漫画」とくスタイルはとてもとても理にかなっていると考えるべきだろう。デジタルデバイスが便利だ進化だ改革だというベクトルも勿論大切だが、相対的にヨチヨチ歩きの人間ならそのような歩行器も補助車も必要だろうが、そのベクトルで一旦ポテンシャルを安定させている人ならば、補助車は必要なしろうし、より早く走るためにも自転車は2輪がBEST。だから、一周回って「漫画が熱い」となるのかもしれないですね。だから、どちらがどれだけ便利かなどの「便利合戦」をしても心が震えないんだから、「誰がか持っているから・・・」という理由を鼓舞させて売る仕組み、そろそろ無理があるような気がしますね。