わかりあえないことから。

 平田オリザという人の「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か」という書籍があるらしい。「「子どもの気持ちが分からない」「近頃の若手社員は、何を考えているのかわからない。」それらは何が問題で、どうすればいいのか。コミュニケーションの本質を問い直す。」と。わかりあえないと感じる瞬間ってやっぱアドレナリンが出るし、ドキっとする瞬間です。わかりあえたと思っていても、こちらが妥協して歩み寄っている場合もあるし、どこか駆け引きように感じられると、寂しい気持ちになる場合もあると・・・、だから、これだという正解はないだろうが、わかりあえないことから考えようという視点はなんとなく興味ありますね。

 なにより、「オリザ」というカタカナの名前がカッコイイ。