中国人の気質か・・・。

books130211.jpg
 「中国と一口に言ってもとてつもなく広い。東北地方から海南島まで、沿海部から青海省、チベットまで、住んでる民族もちがえば、文化もちがう。顔がちがう、食物がちがう。「反日デモ」で大騒ぎする報道の向こう側で、どんな人が住み、どんな暮らしがあるのか。住んでいる地域別に人びとの気質を体験的に説いた、面白い中国人論。」と。確かに、ちょっとあるコンテンツ用に上海と蘇州をリサーチしてきたが、まだ全然感覚的に人間像が掴めない。日本で中国を読み物にする場合、どうしても、過去のことが著者の主観で捻じ曲げられているような印象を受ける文脈が多い。しかし、情報を介して中国人像を捉えようとするれば、書籍やネットから以外にあとはそこで暮らすしかない。それは難しいから、誰かが再編集した情報を頼りにするしか仕方ない。その情報からディテールからイメージを再構築しなければならないのですね。確かに広く31省というのは多様である。それぞれの気質などよくこの著者はリサーチしたものである。逆に日本人の気質を分類したらどうなるのだろう。地域別とか世代別とか、まぁ、中国ほどの多様性はないだろうが、そこそこ分類できそう。

 で、中国人の気質がどれぐらい日本人のライフスタイルと異なるのか?という視点でリサーチし始めたが、これは恐らく不可能だろう。だって、日本人のライフスタイルが分からない。何を平均値とするべきかなどまったく何をどう捉えれば・・・状態。なのに、中国人気質との比較など絶対に無理。だから、入手できる情報をひとつひとつ丁寧に自分なりに集めて構築するしかない。これが、どんな色になりどんなフォルムになるか、それこそ、神のみぞ。意外と創造(クリエイティブ)って最後の最後でそういうところありますね。こっちを振り向いてくれない後ろ姿美人みたいに。

 まぁ、このあたりの詳細は、今書き下ろしている自分の書籍用に温存しておこう・・・。