DHA

 「知力のための栄養素」と・・・。オメガ脂肪酸(ドコサヘキサエンサン酸)という薬があるらしい。まぁ、よくあるサプリメント感覚のひとつなんだろうが、180粒で6,300円は高いのか適正なのか?

 で、「知力のための栄養素」という下りがどうも気になる。最近、記憶力が・・・とか、いつも探しものをしている人は・・・とか、頭の回転が最近・・・という方にぜひ!というアプローチですが、ほんとにこの成分は人間のブレインを活性化させるのか?恐らく、使用上の注意や成分を読んだところでその相関性は医学的に化学的に理解することはできないだろうが、それにしても、このふわふわとした根拠にどれだけの人が6,300円を払うのだろう。これを服用するば、記憶力が良くなるのなら安いものだが、恐らくそのテイではないだろう。このタイプの商品の広告原稿は非常にデリケート。表現ひとつで墓穴を掘ることになるのだから、読めば読むほど使用上の注意や効能の原稿は摩訶不思議な世界でいざなってくれる。まぁ、マジックと言えばマジックだし、それありきでもいいからなんとなく、頭が活性化されるなら、6,300円ぐらいは安いものだ。例え気休めだとしても・・・ぐらいの感覚がマーケットリサーチのスキルだろう。

 で、昨晩、「今でしょ!」の林修氏がテレビ番組に登場しておられた。東大卒業である有名塾のエリート講師というスタンスから、このフレーズで時の人になりつつある。結構、破天荒な人のようですが、軸はしっかりしているから、発言のひとつひとつが重い。基本頭のいい人だけに、そのポテンシャルと努力の掘り方は中途半端ではない。さすがメデァイを席巻する人だけのことはある。

 番組の終わりで会場にいる新東大合格者達にこう言った。「君たちが東大を合格するまでにやってきたことは、これからやることに何の役にもなりません。だから、そんな錆びた古い刀は捨てて、新しい自分を磨いて勝てる知識とスキルを身につけてください。あなた達がこれからの日本を創っていくのですから・・・」的なメッセージでした。なるほどなるほど、「錆びた刀」というフレーズで心が震えた。

 「知力」とは何のために必要かを会得している人の言葉は重い。比較して「知力のための栄養素」がどれほどのエレメントか知らないが、それで知力が高まったとして、その箱に何を入れるかは自分でチョイスしなければいけないのですね。それはをいつするのか?今でしょ!でいいのかな。