ガラケー65%。

 スマホからガラケーに回帰する人が急増しているとネットの情報を見るたびに、「あれ?スマホって微熱のようなものだった・・・。」という純粋な感想を抱いてしまう。私は新しいツールにはなかなか喰いつかない。直感で喰いつくか喰いつかないかを決めている人間だから、誰かに便利だとか、みんな使っているからという人間的な理由では喰いつかない人間なのである。誰がなんと言おうが自分でいいと感じない限り絶対に使わないし買わない。

 で、スマホ時代が到来して久しいが、タッチパネルデバイスで言えば、最初のiPod touchを買ったので、仕事でブラウジングするにはこれで十分だし、アプリに一切興味がないので、必然的に当然の流れでスマホにはよだれは出ないパブロフ君なのである。しかし、スマホを使っている人を否定など絶対にしないし、たまには映像を観たりさせてもらっているし、とても便利な道具だとは思います。タッチパネルでの文字入力も慣れないといけないなぁ~と便宜上考えたりするが、文字入力はPCのキーボードがベストだと思っているので、あの小さい画面でハエのように画面をチマチマとつつくのは自分的に絵的にNG。それが流行りだから主流だからという理由=道具ではないと考えているから。

 現在、ガラケーのユーザー数の絶対的な割合は65%だそうだが、この数値にも別段興味はなく、モノゴトは常に1対1の相対的でいいはず。絶対値に心が震えない人間なのだろう。

 だから、そろそろ、現在使っているガラケーが山や釣りに行って傷だらけなので、新しい機種に変更しようと思っているのですが、その時は絶対にパカパカはチョイスしないつもり。ボタンもしっかり付いていて、できれば文字も大きい方がいいと思っている。完全におっさんモードなのかもしれないが、完全におっさんなので無理はしないが正解。