チヨ婆・サクラVSサソリ

chiyobaa_sakura_gazo001.jpg
 ナルトの本編は今コミックスで盛り上がっているが、ふと、どのバトルが一番印象的だろうと考えてみた。ナルトが子どもの頃からも含めて、マダラVS五影もあるし、ダルイと金閣・銀閣もなかなかだったし、ガアラと君麻呂も良かったが、一番好きなバトルは「チヨ婆・サクラVSサソリ」です。

 その理由はいくつかあるのですが、その他、いろいろな漫画のいろいろな対決シーンやいろいろな背景からの「戦い」という流れの中、ナルトの物語の中ならば、この戦いが一番GOODでした。サソリというキャラの悲哀さとその強さみたいな部分を感情移入した時に、最後の最後で、サクラの一刀をサソリは受けたわけです。伝説の傀儡使いでもそこをウィークポイントにするのか・・・という岸本先生の奥の深さとサクラの逞しさと戦略。それを経験と技でサポートするチヨ婆という構図がなんとも痺れたバトルでした。記憶に残るいい戦いだったと思うのです。

 今、ナルトは世界的にも一番人気のある物語。その理由はとても理解できる。「忍術」というカテゴリーをあの繊細な絵と練り込まれた物語で魅せられれば、他の追随は到底及ばないですね。最高である理由は分かるような気がします。