ジオパーク。

 ジオパーク(英: geopark)とは、「地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園。地球科学的に見て重要な特徴を複数有するだけでなく、その他の自然遺産や文化遺産を有する地域が、それらの様々な遺産を有機的に結びつけて保全や教育、ツーリズムに利用しながら地域の持続的な経済発展を目指す仕組み。」と検索すると情報が公開されている。

 この考えにそって日本の国内でもいろいろな場所のジオパーク化が推進されているらしい。世界遺産の定義についても各県レベルで申請にしのぎを削っているし、確かにジオパークとして認定されたり、世界遺産に登録されることで認知度が高くなり付加価値も上がるのだろう。然るべき書類を整え環境問題を解決するテイで取り組みが激化している。これはとてもいいことだが、そもそも、地球科学的に見た時、申請の対象から外れている地域って、申請される地域と根本的に何が異なるのだろう。そんな大義名分がなくとも自然はどこも同様に美しく偉大であるはずなのに。便宜上、人間の都合で自然に影響を与えたことへのお詫びなのか、この期に及んで規制したからとそれを付加価値ってのもどうかな。そもそも経済が発展するために自然環境を犠牲にしたことがそのような運動の根本になり価値になり潮流になっているだけのような気がします。つまり、自然は自然のままであればいいだが、ジオパークとか世界遺産とか勝手に立て札を立てて経済効果を語りながら、また結局犠牲になるのは自然なのではないのだろうかと・・・いう部分はいかなものだろうか。

 で、富士山が来年の夏頃から入山料が必要になるらしい。これはなんとなく理解できるし、登るために必要な入山料なら快く出すだろう。世界遺産になれば入山料も上がるのかな。まぁ、それも仕方なしかな。えっと、日本で2番目に高い山ってどこだったけ?