やっぱ、美術館っていいですね。

kyoto_museum_130429.jpg
 美術館という存在感は素敵です。本来ならばヨーロッパに行かないと観れないような作品が海を越えてやってくる場所なんですから。お互いにこの展示会を主催運営している人のエネルギーって決して表に出て来ることはない地味なエネルギーですが、その皆様のご尽力やご苦労がなければこうして日本初公開のゴッホの作品など到底鑑賞することはできないのですから。それらのことをいろいろ考えていると、車を走らせて見に来た価値の大きさを実感していました。

 世界的に有名な作品だから・・・ということでもなく、原画を「観る価値」というのは人それぞれです。だから、タイミングとか機会をどのように創るかなのですが、できるだけ「観たい」と思ったら動くようにはしているのですが、それでも、全て動けるわけではない。しかし、ちょっと無理をして美術館に足を運ぶことでそういう気持ちになれるということ、この時間の使い方のディテールを大切にしたいですね。

 美術館っていつ来てもそういう気持ちにしてくれるのでいい場所です。