老眼。

 近くの文字が読みにくいのって辛い。もう仕事で老眼鏡が手放せなくなってしまった。手元がボケると集中力も低下するし、眼鏡をかけるとボケは解消できるが、長時間はきつい。なんとも苦しい状況ですね。この仕事をしている以上、目は生命線だから神経質に対応してきたつもりでも、老化には勝てない仕組み。視力はいまだに2.0あるのに、近くの文字が読みにくい。なおさらかもしれないが、特に携帯電話やスマホの画面は見ずらいし目が疲れる。

 やっぱり、紙の上に印刷された黒インクがいいなぁ~。物理的にというか生物学的に適正な伝達保存形態は効率や表現のバリエーションを考えると、紙にインクの組み合わせがベストマッチなのかもしれません。現代の進化としての画面の明るさは視力の寿命と引き換えにしている利便性のような気がします。

 老眼のおっさんの心のつぶやきでした。

comments

ついにスマホ買ったの?

  • たなぐら
  • 2013年06月26日 10:44

いえ、娘のauのスマホの画面が、見えない・・・。

  • khuz
  • 2013年06月26日 11:09

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form