O2O

 Online to Offlineの時代がやって来たらしい。てっきりOne to Oneのことかと思いきや、時代の変化は相変わらず目まぐるしい。しかし、こうして何かが提唱され一般メディアに反映される頃、すでに、次の展開が最先端の現場では新しい源泉として湧き上がり、その基本的構造は産声を上げているのだろう。結局、食物連鎖や輪廻転生のように巡回・回遊しているのだろうけれど、その回遊速度が速すぎて基礎体力がないと振り落とされてしまう。つまり、この危機感をどう消化して栄養に変換させるのかという胃液の力が試されているのです。気圧や気温や酸素量をしっかり体感できないと思考も行動も止まってしまうのです。こうして新しいフレーズを新聞や書籍で発見する度に冷たい汗が出る。その昔、原始の人達が夜な夜な洞窟で身を寄せ合いながら聞いた猛獣の声に似ている。