仮面の告白。

 今更ながら「仮面の告白」を読んでいる。この夏はなんとも変容に浸る夏だ。何故、三島に辿り着いたのか?その理由は明確なのだが、三島という存在が知識として自分の中に存在していなかったわけではないので、三島を読めるようになったことへの変容が心地いい。足りないモノが多すぎて人生は短いと感じてしまう年齢になったからなのだろう。三島由紀夫か・・・、この夏はなんとも密度が高い。