困ること。

 「電池が持たない」「料金が高くなった」「日当たりのいい場所だと画面が見づらい」「フリーズ、リセット、データが消えるなどトラブルが起きる」「気づかないうちに画面に触れて電話をかけてしまった」「片手で操作しづらい」「文字入力がうまくできない」「電波がつながらないところが出てきた」「字が小さくて読みづらい」「タッチパネルが上手く操作できない」「目の疲れ、首や肩コリがひどくなった」と、スマホに対する困ることは結構な項目があるらしい。でも、スマホは「便利」なんですね。辛いことをリアリティーに上手く変換させられているような気がしますが、それでも「便利」。さてさて、この「便利」の意味がどうやら通信技術やインフラの進化といっしょに進化したようだ。