1000冊の本。

 ホリエモン氏はほんとに優れた化学者でありマジシャンでありクリエーターである。が、決して賞賛しているわけではなく、これはただの感想だ。時間があったからネットに繋がらなかったから1000冊の本を読んで気づいたことがあると本を出せば売れるのだから。大切なのはポテンシャルでもスキルでもなく、タイミングなのだ。このセンスは天賦の才だ。つまり、これが原因と結果の法則。

 で、何を気づいたのだろう?あのホリエモンが気付いたことだから知りたいという衝動がアマゾンの購入ボタンをクリックさせているのだから、どうやらポイントはそこにあるようだ。つまり、まず、種を植える前に畑を耕せ。畑を耕す前に自分の畑を確保しろ。吟味検討して確保するためにはどんなチカラが必要なのか?ということだろう。

 私は1000冊の本よりも1000人の人かなと思います。本も読み方次第だが、人も接し方如何です・・・。ということは1000冊の本よりも自分次第となるのかな、やはり。