7パームスさん大会第6戦目参戦。

ibanai_lake131020.jpg
 終始雨。時折、例の豪雨激雨状態が続き、計測の時間も表彰式も雨が降っていた。そんな中、普通に準備をして普通にスタート合図を待ち、普通に釣って帰ってくる45名の精鋭部隊(愛すべき馬鹿野郎)。全く五感が震える。あっという間にボートに雨が溜まっていく中、全力の5時間と30分。私の結果は撃沈だったが、なんとも心地いい。五感と身体が馬鹿野郎達に引っ張られハイ状態になっていたのだろう。

 これがホンモノのゲームだ。これに琴線を触れさせて感じたモノこそが次へのエネルギーであり有効なエクスペリエンスなのだ。バスフィッシングでなくともこの構図は同じ。ブレインワークが仮想空間の中でどんな答に辿り着くか知らないが、それは浮遊するチリや細菌より意味も価値もない。クリーンな無菌室仕様の仮想電脳空間で五感が震えるとしたらそれはかなりのリハビリが必要だ。その場所にあるリアルしか答を解くカギも方程式もサインへも変換は不可だから。

 実際、腰も腕の筋肉もパンパンだが、心の中のエネルギーは満タン状態だ。