Are you hungry?

 昨晩、テレビでサッカーの長友選手が言っていた。「日本の選手は勝つことに対する闘志が少ない」と。技術レベルでも戦略プランについても世界レベルだが、勝つことに対する気合いが少ないというニュアンスだった。闘志以外の全て準備ができているが世界で勝つためにはもっと闘志が必要なのだ。全員で勝ちにいく姿勢というフレーズも言っていた。世界トップレベルのチームで活躍する長友選手ならではの貴重で鋭いコメントだ。

 私はサッカーの経験がなくテレビで試合を観戦していても、選手の能力や技術や戦略が世界の他のチームと比較した時、その優劣が全く分からない。結果だけを見て「勝った」「負けた」を楽しんでいる程度。それでも解説者のコメントや過去のメジャーな選手の話を聞いていると、けっこうな割合で日本チームの「闘志が足りない」という類のコメントが多い。日本のトップレベルの選手たちが日本を代表して戦っているのだから、まさか闘志がないわけではないだろうが、それでも「闘志」の重要性の話をされていることが多い。「もっとがむしゃらに!」とか「しゃにむに前へ!」という気合いの入った、コメントを聞くにつけ、やはり、日本のチームは世界と比べるとおとなしいのかなと。

 では、ハングリー精神に火をつけるのはどんな理由や状況なのだろうか?

 自分の仕事に置き換えて客観的に考えてみると、確かにいろいろな面でハングリー精神には程遠い。リアルにハングリーになれば火がつくのかという状況にも、できればなりたくないし、そこそこ余裕があるタイミングで貪欲にレベルアップするために、日々試行錯誤し貪欲に対峙しているつもりでも、安定感のある状況を選択した状態で、「出来る限り限界まで」ではなく、「想定内で頑張ろう」になっているのだ。仕事はサッカーの試合とは違い、決して勝ち負けだけが優劣を決めるモノサシではないが、闘志を意識しながら仕事でも思考し行動し挑戦していたい。

 瞬間風速を上げることだけが商売ではないし、継続こそが力なりと自分に言い聞かせながら、その対極にいつも落ち着きなく闘志を煮えたぎらせている、もうひとりの自分もいてほしい。