名画が30,000円で。

meiga_gazo131121.jpg

 いつもお世話になっているレンタル写真サービス会社のアマナイメージさんからメルマガが到着した。歴史に残る名画シリーズを、なんと30,000円以下で名画の印刷用やWEB用のカラーデータをお貸ししますよというサービスである。レンタル写真サービスに「名画シリーズ」があったという情報を初めてこのメルマガで知り、ちょっと複雑な心境です。レンタル費用が30,000円ということは、もう画家本人は生きていなからどこかの所蔵機関にこの中からレンタル費用の仕入れ費用が支払われる契約条件なのだろうが、30,000円という設定の内訳が知りたい。名画シリーズなので、「モナリザ」もある。原画なら天文学的な販売価格が、デジタルデータで複製すると30,000円になる仕組みとは?広告用に印刷物やWEBサイトコンテンツに流用したとして、どのようなニーズが適正なんだろう?

 「モナリザ」のデジタルデータを30,000円以下で仕様できるのは嬉しいが、偉大なる名画がそぐわないツールに曲解されて転用活用されているコンテンツをいつか目にするのだろうな、と考えると、寂しい気持ちになる。この絵画だって、この質感やテーマの解釈が芸術の歴史のいろいろな場面に遭遇し、いろいろな人の目や心に触れて現在に至っていることを考えると、30,000円の価値にどう向かい合えばいいのかと、正直、戸惑いますね。つまり、戸惑わない人向けのサービス価格だということだろう。