六法。

books131216.jpg

 はしがきには、「この「ポケット六法」は、持ち運びに便利な大きさで法律学の学習や日常の仕事に必要な法令を収めた小型六法として、既存の「六法全書」に加え、昭和54年版から刊行されたものである。携帯の便と必要かつ十分な法令の収録という二つの要請を両立させるために、古くから六法と称されてきた憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法の各法及びその附属法令とその他の法分野における重要な法令とを厳選して収めることが、創刊以来の編集の基本方針である。年々制定される法令が増加するのに伴い、収録法令全体の見直しを常時行い、持ち運びの便利さを維持しながら収録法令の充実を図るための努力を続けている。」(本書より抜粋)と書かれている。

 今から法律の専門家になるつもりはないが、とにかく、全部読みたくなった。恐らく頭に残るのは数%程度だろうが、それでも読破してみようと。すると、法律の種類の一覧ページには、デザインの仕事によく登場する法律名称も多くあることを発見した。デザインを構想したり仕事として成立させるために直接法律は関係ないとは言え、どこかで連動していることも多いだろうと感じた。さすがに「六法全書」を買うまでではないだろうということで、この「ポケット六法」に着地した。でも、なかなかの質量です。

 読み始めるとなかなか整理された文章で、私自身としては文体的に嫌いではない。それに最新版ということで、最新の法律も記載されている。法律も日々進化しているんだ。