顕在意識と潜在意識。

 「人が何か思考したり行動する時、影響を受ける意識の割合は顕在意識が20%、潜在意識が80%」と言われているらしい。思う節はいくつかあるからまんざらな数値化だろう。個人差もあるだろうが、顕在意識でコントロールできないことが、潜在意識でコントロールできるなら、最初から有効な意識を作用させたいところだが、この潜在意識というのがままならないのだ。必ず自分自身の中に存在している力なのに使えないとはどういうことだろう?顕在意識の影響とは、不安や過去の失敗例から受けた後悔が悪いストレスになり筋肉や思考を硬化させている。そのために自由な技術の制御ができないのだから、緊張を緩和させるために潜在意識を起動・稼働しポテンシャルを発揮させることが理想。邪魔をする顕在意識、能力を覚醒させる潜在意識。なんとも白黒が明確になったものだ。緊張が悪いプレッシャーに連動する場合と、いいモチベーションに連動する場合も意識の違いだろう。つまりは、「意識」「思考」「連想」のバイパスをどのスキルやテクニックにログオンするのかということ。さてさて、あなたはIDとPSWを紛失していませんか?私は覚えている自信がないので、忘れないように毎日復唱しています。