KS対決。

 休みの日ぐらいはと、愛犬チョップ君の散歩を平日よりじっくり目に時間をかけています。平日なら約15分程度なのですが、休みの日の朝は早起しきてじっくり40~50分かけて、歩いたり走ったり変化を楽しみながらの散歩です。当然、愛犬の散歩だからその時がやってくるわけですが、人間も毎日その時がやってきます。それは体調を確認するもっとも適正なモノサシであり、それが出なければどこか体調が微妙に狂っていると判断すべき。今日も散歩中にその時が2回ほどありました。非常に硬いハードでつやつやした健康的なアウトプット。チョップ君はうちにやって来て12年目。人間の年齢なら60歳あたりなのですが、私が今年で50歳ですから、60歳と50歳のコンビが早朝からセットでウロウロしている構図。チョップ君の2回分のそれは見事な健康KSでした。「おお!やるなチョップ君、あなたもまだまだ体調は盤石ですな。」などとつぶやきながらそれをビニール袋へ。当然、私も早朝の散歩で身体が目覚めるので胃腸も動き出す。朝飯はしっかりオレンジジュース、ヨーグルト、パン、リンゴを身体に入れましたから、当然の反応が散歩後にやってくる。いわゆる「自然が呼ぶ」という状態。チョップ君のそれを見てるだけに、50歳のオヤジも負けじとふんばる。結果、今朝はGWに普段よりちょっといい食事をしたことや、ビールを入れていることなどが影響してか、ちょっと粘度があったようだ。ハードだから、ソフトだからと一喜一憂するわけではないが、色や硬さや粘度は体調を正直に確実に反映している。その日の気分でのどから出て来る曖昧な言葉や、心が発信する感情よりも、胃腸が適正な処理をして出たそれを確認することが一番の健康指標となるのだ。
 結果、今朝の軍配はチョップ君の勝ちのようだ。Shit!