働かないオジサンの給料はなぜ高いのか?

 「働かないオジサンの給料はなぜ高いのか?」というタイトルの書籍があったり、このテーマの講習会やセミナーが注目されている。若い世代のニートやひきこもりが通念化したから次のテーマがこれなのだろう。「働かない」としか捉えられない未熟な視点に格差の原因があるのでしょうね。この深い谷のが言わば日本の熟練者とパートタイマーの間に横たわり、継承するべき知恵やノウハウが定着できず浮遊し往来を隔ている理由なのだろう。「給料の高さ」の水準だけ確保しても、「給料の意義」の水準は二の次なのだ。
人工が減り、海外の人材が流入し、市場はさらに多様化・国際化する。政府の援助を受け続けている自治体の行く末は、「給料の高さ」では現状維持できないというのに。「働かないオジサンの給料」のことはもういいじゃん。もっともっと、世の中が個体レベルで自律しなければいけないのだろう。