映画「LIFE!」

life_movie.jpg

 恐らく、これから死ぬまで、一番多くこの映画を観ることだろう。この時代に何故、この映画が生まれたのかその理由を考えるだけで思考の震えが止まらない。と同時に「このタイミングなのか・・・」と不思議な高揚感に包まれる。例えば、1年前なら、10年前なら、学生の頃ならと考えると、この映画から受けた様々なタイプの刺激は、「今」でなければならなかったのだろうと。

 刺激的でエンタメな映画は多い。感傷的なシクミが狙いの映画も多い。まして、それに値しないウンコのような映画も多い中、今、このタイミングでこの作品を観れたこと。それがたまらない。この言葉に出来ない感情は何だろう?しばらく心の中がこの感情で支配されるだろう。つまり、言葉にならない感情を表現するための手法が映画だからだ。そして、その手法から生まれてこそ「言葉」に価値が生まれるのだ。

 早速、DVDをアマゾンに注文しよう。