磁場や電気が見える。

 人間の脳が60%活性化すると磁場や電気が視覚的に捉えることができるらしい。誰もそれを実感したことはないだろうが、その手のイマジネーションには様々な仮説があるのだろう。100%活性化するとどうなるのか?これがこの映画の狙いなのだ。世界でもっともセクシーな女優とリュック・ベッソンのタッグがどのような世界を描くのか映画「lLUCY」は期待してしまう。

 少し前にもJ.デップの人工知能をテーマにした映画があり原作のみ読んだが、映画のテーマ設定の傾向と流れが、宇宙の旅からアルマゲドンになり、環境汚染やウイルスによる終焉になり、脳に向かっている。この流れにも誰かの意識が作用しているとしたら、「想像したモノは実現可能だ」という逆説もリアリティーを帯びてくる。

 とうもろこしは重力に逆らうために糖分を分泌するらしい。磁場や電気が見えたら人間は何を想像するのだろう?

 などと思考を巡らせながら、映画「LIFE」のショーン・ペンをもう一度楽しみたい。