伊吹山山頂より

ibuki140920.jpg
 秋晴れの伊吹山。ちょっと山頂は寒かったですが、途中は心地のいい登山日和でした。登り3時間10分程度。途中、いろいろ同伴者の方とお話が盛り上がり、楽しすぎる伊吹山登山でした。多くの登山客が山麓から賑わい、途中もたくさんの人達と声を掛け合う感じが、登山ならではの楽しい瞬間。子どもからご年配の方まで、それぞれのスタイルで登山をエンジョイしておられました。

 自分は50歳、1本の道を登り下るという単純な行程なのに、なぜこれほどいろいろなことを考えてしまうのか。暑ければ脱ぎ、寒ければ着る。この単純な反応と勾配の加減と重力の中を確かに歩いているという感覚。何回登っても新しい発見がある登山。つまり、人の本質と山のあるべき関係性が心地良さの原因なのでしょう。

 下山し伊吹薬草の湯に行くと、結構な割合で登山客の方が利用しておられ、休憩室では大の字状態で仮眠中でした。なかなか素敵な伊吹山登山でした。山麓の駐車場¥500、入山協力金¥300、五合目付近のトイレ¥100、お風呂(薬草の湯)¥500と、しめて¥1,400という出費額も財布に優しい登山なのです。ありがたいありがたい。