ロクマルロクマル

khuz_rokumaru001.jpg

 未知の世界、琵琶湖のロクマルを自分の手に抱える時を想像するだけでひざが震える。つまり、バスフィッシングの醍醐味はこの1点に尽きる。最高の装備とタックルでベストコンディションで湖面に立ってもこれは手にできない。そのタイミングは人知を超えたところにあるのだ。たかがバスフィッシング、しかし、本能と英知をフル稼働しなければその瞬間は永遠に来ない。ただ、確実なこと、それは琵琶湖にはコイツがいるんだ。