木枠完成

works141101.jpg

 デザインの仕事ではデジタルデータを構想して作成することがほとんどですが、たまにはこんな仕事もしています。これはある施設のサイン用フレーム。現地の寸法を計測して材料を購入して組み立て、黒色の塗装(防腐剤入り)を塗装して現場に設置するという行程です。

 そもそも、デザインの仕事に関することは紙面やデジタルコンテンツがほとんどなのですが、どちらかと言えば、得意で好きな作業は木や土で何かをつくること。仕事上、クリーンなデジタルデータばかりつくっていると、たまにつくる立体物やサイン関連の仕事は違った達成感があります。サインの設置など、現場に成果物と道具を持ち込み設置が想定どおりに完成すると、仕事をやりとげた感覚が大きいです。

 現場の仕事には独特の達成感と充実感があります。たまにはキーボードとマウスから離れて、ノコギリやドライバーやヤスリを使って仕事するのも楽しいです。