2014年12月31日に思うこと。

 いろいろあった2014年もあと数時間です。このいろいろが整理できていればもっとそれぞれの実現率が高められ成果につながったはずなのにという気持ちと、この気持ちをしっかりじっくり継続させて2015年に繋げていこうという決意でこの年末を過ごしています。そういう気持ちで年賀状のイラストも描きましたし、継続している案件は年末年始で気持ちを切らずにしっかり繋げていこうと思っています。本年は50歳の大台にのり、かなり自分の人生を振り返った一年でもありました。現実はそんな余裕があるほど成果をあげているわけではないのですが、50歳という年令は考えることがとても多かったです。また、老眼をはじめ体力的にも確実に低下している現実や記憶力ひとつにしても、驚く程の低下ぶりに愕然としながらも、それならそれなりにと体力の低下や記憶力の衰えを補う工夫に取り組んだ現実もあります。若い頃のように勢いは次第に低下する反面、粘り強くなることや冷静に謙虚になる方法にも努力した一年でした。結果、狙いばかり先行して達成率が低かったこともひとつづつ一歩づつ前へ進めることもできましたし、狙いに沿っていなければ勇気を出して停止させ、妥協せず折衷案で折り合いをつけることもせず、一旦立ち止まりしっかり思考し、適正な前進を再開するという実感もありました。ようするに、確実に身体能力や思考力が低下しているが、世の中の流れは加速しているという焦燥を一旦認め、自分のスタイルや思考術やスキルを案件のために冷静に謙虚に確認するということがどうしても必要になったということなのです。だからと言って狙いをコンパクトにしたくないという葛藤もあり、この50歳の折り合いに対してどんな試行錯誤が適正かについて悩んだ1年でもありました。
 確実に思考力は20代30代40代とは低下しているのですが、いやいや50代には50代のやり方があるだろうと探究心と好奇心をひねり出す感覚です。とは言え、そんな50歳のおっさんの願いとは裏腹に時間は淡々と進んでいきます。ただ、与えられたり自分が触手を伸ばした案件を消化試合と捉えず、都度、新鮮な気持ちで取り組めるようになりたいと願っています。
 このような気持ちで、これから出会える案件毎に「軽快に」「丁寧に」「謙虚に」取り組める2015年にしたいと思っています。そんなことを考える12月31日です。