素敵な世界。

frozen.jpg

 すると、このような世界にも素直に感動している自分に気づきます。空前の大ヒットアニメ映画。しかも、ディズニーと来て、私は「どうせ・・・」と拒絶し否定していました。しかし、絵の力を確認できたからこそこの作品を自然体で鑑賞し、その世界観を楽しめることができました。世界の多くの人の心を揺さぶった作品を無意味に否定し、「どうせ、子ども騙しの・・・」という適当な言い訳で意味のないバリアをはっているただの裸の王様だったようです。改めて「アナ雪」のテイストをかみしめている自分に気づきました。素晴らしい作品でした。あえてこの物語、あえてこの二人だったのですね。