ご縁があり。

baymax141228.jpg

 あるお仕事で映画公開前からこのフォルムを見る機会があり、ポスターやチラシやノベルティーのデザインを作成しました。毎日、このフォルムを見ていて感じたことは、この飽きない完成度です。この比率、この質感、このストーリーと、どこをどうチェックしても作り手の熱意が感じられる。天下のディズニーだから当然といえば当然ですが、天下の???ということもよくあることなので、このフォルムの完成度はさすがです。まだ、物語は知りませんが、これはDVDを予約する予定です。しかし、「優しいロボット」とはなんとも圧巻です。どうもガチガチのロボット系には反応できなかったタイプなので、このようなロボットの物語は心が震えました。また、ロボット=戦いという構図も人間の都合ですから、創造=破壊みたいなテイストになりがち。創造も破壊も紙一重のところではありますが、紙一重といえばデザインの仕事もそうですし、世の中のあらゆる仕事も紙一重。ブレードの上を駆け抜ける勇気がありますか?という投げかけからはじまったロボット(アンドロイド)映画のテイストもここに来てベイマックスに到着したのかなと感じてしまいました。アナ雪からのベイマックスの展開は、トイストーリーからのウォーリーみたいな素敵な素敵な展開力です。