伊庭内湖初戦4月5日(日)

ibanai_lake_map.jpg

 4月5日(日)に開催される7パームスさんのバスフィッシング大会の会場、伊庭内湖をグーグルマップで見ると意外と狭いエリアのように見えるのですが、手こぎボートで5時間、ブラックバスを追いかけているとあっという間に過ぎてしまいます。

 釣れた時はサイズが上がらない、釣れない時はどこにキャストしても反応がないという、楽しい5時間のゲームフィッシングなのです。釣れても釣れなくても「釣り」なのですが、同じ日、同じ時間帯に40~50名のアングラーが同時に出撃して、釣れる人と釣れない人が明確に分かれてしまう現実の中にいることが、ゲームフィッシングの楽しさのひとつ。

 まだ私は2013年の10月の大会と2014年の5回の計6回しか伊庭内湖の大会に参戦していないので、暗中模索状態です。それでも2015年は初戦からしっかり参戦する予定です。気まぐれなブラックバス相手にその日の釣れるパターンを一投一投、丁寧に探しながら、上位の結果を目指すしかないのです。一見、こんなめんどくさい挑戦は無謀極まりないとも感じますが、この地道な挑戦がいつか必ず来るだろう勝負を決めるビックバスへの伏線だと妄想すると、それだけで楽しい。そのビックバスに出会うために、ただ気持ちを込めてポイントにキャストするだけなのです。

 ビックバスに出会うための唯一無二の「マジックキャスト」をもとめて、このフィールドにバス釣りバカ達(私も含む)が集うという仕組み。あと1ヶ月、楽しみです。