ガーディアン達。

gog_gazo150316.jpg

 宇宙を守るガーディアン達。なんとも特異で印象的なキャラ達です。最初は「とりあえずチェックしておこう」レベルでレンタルしたDVDでしたが、鑑賞後はこのキャラの魅力にかなり、かなりトリツカレテしまいました。「なぁ~んだ、CG使ったアライグマじゃん!」「へぇ~、木のキャラって意外だけど・・・」ぐらいの映画を観るまでの印象でしたが、いやいや、いやいや、なかなか、これが、なかなかのキャラ設定なのです。
 とてつもなく強い宇宙の支配者が登場して、宇宙船がドンパチやって、結果、意味不明の強烈なビームを放ち、悪者が爆発する、みたいなスペースアドベンチャーノリだと思っていましたが、それぞれのキャラが際立つ感じや、全体の映像のノリやセンスがこれまた秀逸。映画を観るまでは、どんなことがあってもこの作品はDVDは買わないだろうと思っていましたが、最近、ジワジワと「DVDの購入もアリかな?」とボディーブローのように効いてきている作品です。
 迂闊にも、想定外にもハマってしまった非常に「味のあるSF作品」でした。