春っすね。

greeen15032003.jpg
greeen15032002.jpg
greeen15032001.jpg

 今年は雪の多い冬でしたが、いよいよ春がやってきました。毎年この時期になると感心するのですが、秋に葉が枯れ落ち、冬には雪を受けながらじっとしていた植物が、少しづつ新芽を出し活性が上がります。この季節は生命感をふとした街の風景の中に発見してしまいます。毎年のことなのですが、植物はそのサイクルを絶対に崩さない。このサイクルを繰り返しながら少しづつ少しづつ幹や根を太く大きくしているのです。そんなことを考えているだけでも、しんみりと春を感じてしまいます。はじまりとか別れの繰り返しに感傷的になる前に、淡々と季節と共に「繰り返す」という単純なことを人間はもっと意識するべきなんじゃないのかなと思います。
 人間の心や身体はちょっと動き過ぎるのかもしれません。