ロープは押せない。

 もともと、思考を整理することが得意ではない私がたどり着いた思考術のバイブルの中に、「マーフィーの法則」という書籍がある。「理論で対応できることは理論領域だけ」なのである。お互いの曖昧な感情を理解し合うために、互いの理論コンディションを整えても、双方に曖昧な感情は遺留する。伝えられた(受け取った)情報だけをパーツに再構築したモノは歪でいつか分裂する。しかし、イメージで捉えた情報は時間の経過と共に心(頭)の中に刻まれ物語になる。伝えるためには理論とイメージを時間軸の上に並べ、物語にするしかないのです。だから、「ロープは押せない」のです。