ニコン一眼レフ

nikon_gazo.jpg

 これいいな。現在、キャノンを使っていてなんの問題もないのですが、「なんの問題もない」だけなのです。これが意外と実際、使い始めると言葉で表現できない違和感が生まれ、「愛着」になりにくい。仕事で活用するツールだから、「なんの問題もない」で充分なのですが、さらに、何かが足りない感覚になってくるのです。やっぱ、カメラはニコンかなというなんの根拠もないのですが、使いたくなるという仕組み。これがブランド効果なのか先入観なのか固定観念なのかバイアスなのか、言葉にはできないゾーンなのです。一度、モノホン実物を量販店の売り場で手にしてみようと思っています。