セキュリティーソフト

 「まぁ、これを入れておけば間違いないだろう。長年使っているから、詳しい機能について深く知らなくてもいいだろう。」と、セキュリティーソフトは「これで安心」だと、今日の午後3時頃までは思い込んでいました。しかし、本日、正確には昨日の昼過ぎぐらいからレーザープリンターのドライバーの不具合(故障?)が原因でドライバーエラー表示になっていたのです。結果、本日クライアント様に提出するためのA3カラー出力を、ただ、2枚出力しようとしたら「エラー」の症状が出て、メーカーのテクニカルサポートの方に2時間ほど電話でサポート頂いたが、どうやら、プリンターにもドライバーにも問題は特定できず、ケーブルの異常?PCの異常?という結論になった。この段階でメーカーさんのテクニカルサポートの担当者は完全にお手上げ。「物理的にPCの問題ですかね?」と尋ねると、力なく「そうかもしれないですね。」というレス。あらゆるケースのサポートテクニックがあるはずのメーカーさんがお手上げの事態にイライラがマックス。結果、いつもPCの救急先である師匠に電話連絡すると、一回、チェックしてみますから持ってきてくださいとのこと。いつも最高の診断をしてくださる絶大な信頼を置いている方に診察してもらうために病人(急患)を車に積み込みます。この段階で、何がどう故障なのかも原因もまったく分からない状態です。もし入院となれば仕事に穴があく、ぐらいの状況でしたから、私には原因がまったく分からず特定できなかったので、不安いっぱいで救急病院に到着。

 結果、物理的な診断をサクッとした後、昨日からの経緯を師匠にお話すると、「もしかして・・・」と、ネットで思いつく原因をリサーチされました。「恐らくこれが原因でしょうね。」と1枚のプリントアウトを持って来られました。これが黄金の処方箋ということで、まず、原因だと推測される悪腫瘍をPCから削除してプリントアウトを確認して、それでダメならこの処方箋という手順でした。

 そのまま会社にPCを持って帰り、悪腫瘍をPCから完全摘出して、軽いデータをプリントアウト!なんと、普通にプリントできた!なんだ!なんだったんだ!午前9時から午後までのイライラの時間は!っても、その時間はもう戻らない。とほほ・・・。

 でも、問診だけで悪腫瘍を推測・特定する師匠の素晴らしさ!!!

 皆様も仕事用PCのセキュリティーソフトはぜひ「カスペルスキー」にしましょう!長年使っているからという安心がアダになることもあるのです。結果、前のセキュリティーソフト(悪腫瘍)が昨日、勝手に最新機能をダウンロード更新して、その影響でプリンタードライバーがブロックされ、プリントアウトが出来なかったというオチでした。こんな時代だからウイルスをブロックしてくれるのはいいことだが、肝心な仕事のデータのプリントアウトまでブロックするようなソフトは意味がない。もう、私のメインマシンからはキレイさっぱりアンインストールしました。そして、今は師匠オススメのセキュリティーソフト「カスペルスキー」がインストールされています。これでひと安心です。

 私はもう二度とセキュリティーソフト「ノートン」は買いません。これ今日の教訓です。