お仕事ランキング50。

 世の中にはいろいろな仕事ある。「機械に奪われる仕事ランキング50」って、現代はどういう状況なのか?機械はツールで人間の暮らしを豊かにするための存在が、仕事を奪うって、そんなデータをこのように収集してまとめる仕事も仕事だし、人間の思考・心理はいったい何層あるのでしょう?玉ねぎのように剥いて剥いて剥いて何もないのか?磨けば輝く宝石なのか?世の中にはいろいろな仕事ある。
 「グラフィックデザイナー・クリエイター」という仕事がこのランキングに入っていなかったことに、ホッと、胸をなでおろしている場合ではないにしても、機械に奪われたらどれだけ懇願しても返してくれそうにもないのが一番恐ろしい。人間相手なら「なんとかそれだけは勘弁してくださいよ!」とお願いすれば、「そうやな、お前さんも頑張ってやってきた仕事なんだから、今回は奪わないでおこう。その代わり一生懸命、天職を全うしてくださいよ」的な展開も期待できる。しかし、機械はスイッチを切るように、仕事を奪うんだろうな。まぁ、そうなったらなった時、別の仕事をすればいい。機械には想像できないような、機械の手が届かないような仕事をすればいいだけ。だって、変化することは人間の一番得意技なんだから。

 さぁ、次のブログで4,000本目。何を書こうかな?


ranking_150819.jpg